オンラインポーカーゲーム

  1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Instagramで生成AI機能を実験中!ステッカー作成やフェイク画像検出が可能に!?

Instagramで生成AI機能を実験中!ステッカー作成やフェイク画像検出が可能に!?

公開日:2023年08月03日

Instagramで生成AI機能を実験中!ステッカー作成やフェイク画像検出が可能に!?
2023年7月末、Instagramにおいて生成AIに関する機能を実験・導入を予定していることがわかりました。

当記事では、現在、テストされているInstagramの生成AIに関する機能が5つご紹介します。

無料DL┃「新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法」をGET!
新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

実験・導入予定のInstagramの生成AIに関する機能

今回Instagramで実験・導入検討している機能は以下の5つです。

  • AIステッカー作成機能
  • ビジュアル編集機能
  • AIチャットボット
  • メッセージ要約機能
  • AI生成コンテンツラベル

AIステッカー作成機能

生成AIステッカーツールはInstagramのフィード投稿とストーリー向けに開発されている機能で、作成したいグラフィックをテキストベースで指示することで、カスタムグラフィックを作成できるようです。このカスタムグラフィックをInstagramのフィード投稿とストーリーに追加できるようになります。

ビジュアル編集機能

ビジュアル編集機能は投稿作成時に使える画像生成AI機能です。ビジュアル編集機能には大きく2つの機能があります。

1 つ目は「AI ブラシ」という機能で、生成 AI を使用して画像の一部を置き換えてギャップを埋めることができます。2つ目は「リスタイル」という機能で、AIに対してテキストベースで指示して、アップロードされた画像の一部を再生成することができます。

下図のようにビジュアル編集機能は別の背景が必要な場合は、好みの設定の説明を追加したり、特定の要素を AI で作成した代替案に置き換えたりすることができます。

ビジュアル編集機能

AIチャットボット

AIチャットボット機能はInstagramのダイレクトメッセージ機能に組み込まれた機能で、AIチャットボットに質問し、同機能からアドバイスを受けることができます。

チャット入力欄に@ai と入力することで、他のユーザーと会話しているDM スレッド内にAIチャットボット機能を呼び出すこともできます。このAIチャットボットには30種類のパーソナリティがあり、ユーザーは自分のニーズに最も合うものを選択できるそうです。

メッセージ要約機能

メッセージ要約機能はダイレクトメッセージなどの文章を要約してくれる機能です。

AI生成コンテンツラベル

AI生成コンテンツラベルとはAIが生成した写真と実際の写真をユーザーが区別できるようにするためのラベルです。

この機能を実験する背景として、画像生成AIツールが数多く誕生したことで、 のようなAI生成のフェイク画像が多く出回るようになり、実際に撮影した画像なのか、AIで生成された画像なのかユーザーが判別しづらい状況が作られました。Instagram上でもこのようなフェイク画像が見られるようになり、Instagramのユーザーエクスペリエンス(ユーザーが感じるInstagramの使いやすさ)が損なわれている課題が生まれていました。

しかし、このAI生成コンテンツラベルが導入されることで、一見判別しづらいAI生成コンテンツでもユーザーが一目でAI生成コンテンツだとわかります。

AI生成コンテンツラベル

Instagramの広告オプションにもAIを活用!

以前2023年5月、Instagram、Facebookの広告オプションに広告クリエイティブ用の組み込みAIツール「AI Sandbox」、キャンペーンの結果を最適化し、広告をパーソナライズするための自動化ポートフォリオ「Meta Advantage」を一部広告主に利用してもらいテストしていると発表しました。2023年7月には、より多くの広告主に提供を拡大し、今後、全ての広告主に提供を予定しているそうです。

「AI Sandbox」では、テキストバリエーションの作成機能や背景画像生成機能、トリミング機能が可能です。

テキストバリエーションの作成機能は広告主のコピーの重要なポイントを強調するために、想定される客層別に複数のバージョンのテキストを生成し試すことができます。
テキストバリエーションの作成機能
背景画像生成機能は、下記画像のように、テキストベースでAIに指令することで、様々な広告画像の背景を生成することができます。
背景画像生成機能

トリミング機能は、1つの広告画像を、投稿、ストーリー、リールなど多様なメディア向けに適切なアスペクト比に調整することができます。
トリミング機能

Meta社はユーザーの声を聴きながら、慎重にAI機能を実装している模様

今回、紹介したInstagram上で今後実装予定のAIに関する機能を紹介しました。実は既にAI生成機能を実装済みのプラットフォームはいくつかあります。例えば、GoogleではGoogle広告の管理画面内でAIを活用した新たな会話型の設定をサポート機能やランディングページを入力するだけで、効果的なキーワード、広告見出し、説明文、画像などのアセットを生成する機能をリリースしました。TikTokでも「スクリプトジェネレーター」というAIを利用して数秒で広告スクリプトを生成する機能をリリースしたりなど、AI生成機能を既に導入しているプラットフォームは多くあります。そんな中で、Meta社のAI生成機能の追加の開発状況は少し遅いように思われます。

これはMeta社のCEO、マーク・ザッカーバーグ氏のAIに対する考え方が影響していると思われます。下記は2017年にフェイスブックライブ上でマーク・ザッカーバーグ氏が発言した内容を抜粋したものです。

「AIは将来、人間を傷つけるという発言を聞くことがあるが、その通りだと思う。テクノロジーはこれまでも常に、良いことにも悪いことにも使われてきた。だから何を作り出すか、よく考えないといけない。何を作り、どう使おうとしているのか、よく考える必要がある」

引用元:

このように、マーク・ザッカーバーグ氏はAIについて前向きでありつつも、AIが悪用される可能性も考慮しています。そのため、AI生成コンテンツラベルの開発を進めたり、一部のユーザー利用してもらう形でテストしたり、慎重に開発を進めていると思われます。

今話題のSNS最新情報をタイムリーに提供しています(GrowthSeedまとめ)

SNS最新情報を画像クリックして確認する
↑GrowthSeedが提供する”今話題のSNS最新情報”をチェックする

株式会社フルスピードが運営するオウンドメディアGrowthSeedでは、今話題のSNS最新情報を素早くキャッチし記事コンテンツとしてまとめています。Instagramの最新情報だけに留まらず、これまでのSNS最新情報を上記バナーから確認できます。SNS最新情報の収集目的でぜひご活用ください。

無料DL┃「新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法」をGET!新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

この記事を書いた人
伊藤 康貴

伊藤 康貴

マーケティング部

2018年Web広告会社に入社、比較メディアやSEOのコンサルティング営業に従事。3年間で200社以上の企業様の集客に携わる。 より集客の見識を深めるために2021年フルスピード入社。 オウンドメディア『GrowthSeed』の運営/ライティング、メルマガ運用、広告運用など自社のマーケティング業務を担当している。

この記事をシェアする
記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください